最大2年間サポートが可能でもあります。

経済的にかなり大変な時局に置かれています。 状況が状況なので就職準備生たちの肩の荷はだんだん重くなっています。 国の発展において経済の動きが大きな役割を担っているだけに政府も新しい働き口の確保に多くの努力を傾けています。 それで、今日は政府が支援する政策事業のうちの一つである雇用促進支援金の条件についてご紹介したいと思います。 経歴断絶女性や障害者など、相対的に就職が難しい階層を助けるために作られた分、たくさんの助けを得ることができますが、下でもう少し詳しく見ていくことにしましょう。

雇用労働部長官が認める就職プログラムを履修した申請者に限って資格が与えられます。 就職希望プールに登録されている求職者を採用した企業に、国から所定の支援金を支援する制度です。 就職が脆弱な階層を助けるための制度で、運営者と使用者両方に良い制度です。 企業の立場では採用だけでも人件費の一部分を国が支援してくれるからいいし、就職難層の立場では働き口を得ることができていいと思います。


そうしたら、雇用促進支援金の条件で言っている就職脆弱階層は誰を意味しているのか見ていくことにしましょう。 まず、就職脆弱階層とは相対的に社会で就職をするのに不利な条件を持っている階層を意味しているのですが、



家長の女性を含め、身体的な不自由さのある障害者のような社会的弱者がこれに当たります。 しかし、就職難階層だからといって、全て支援が可能なわけではなく、雇用労働部長官が認定した就職プログラムを1か月以上履修した後、求職のために求職登録をしなければなりません。 しかし、もし失業期間が3ヶ月を超えた場合、就職プログラムを1ヶ月以内に履修したとして 내구제 も雇用促進支援金の対象に該当します。
雇用促進支援金の条件を見ると、これを受けられる企業はどの企業も該当します。 しかし、これを採用するルートや、月給を支払う方法などにおいていくつかの制限事項があるのですが。 きちんと月給を支給しない場合や、家族を雇用する場合は該当事項から除かれます。

常勤嘱託労働者を雇用した場合

– 勤労契約期間が定めがある勤労者を雇用した場合

– 該当年度の最低賃金額未満の賃金を支払う場合

– 事業主の配偶者若しくは4親等以内の血族若しくは親戚に該当する場合

– 勤労者が1年以内に離職した当社と同じ事業主や関連事業主に雇用された場合

– 賃金を支払っていない場合または賃金などを未払いして名簿が公開中の事業主

– 対象者を雇用する前に、3ヶ月から雇用後1年まで雇用調整で労働者を退職させる場合

– 大規模企業が就業成功パッケージを履修した満29歳以下の失業者のうち、大学を卒業して求職期間が12ヶ月未満の者を雇用した場合
それでは、雇用促進支援金の条件で支援金はどうなるのか調べてみます。 運営中の企業によって支援金も異なりますが、雇用後支援金だけで再び解雇される危険があるため、支援金は雇用直後にすぐに出るのではなく、雇用後最低6か月が過ぎた後に支給され、その後も6か月に一度ずつ計2回支給されます。 また、条件によっては最大で2年間のサポートが可能でもあります。


優先支援対象企業の場合、6ヶ月間で360万ウォンを支援し、年間支援金額が720万ウォンです。 規模が大きい大企業の場合、6ヶ月間180万ウォンが支援され、年間360万ウォンの支援金が受けられます。 しかし、対象者に負担する賃金の80%、共用直前保険年度末基準の30%の限度が適用されるため、上記の金額を全て受け取るのは無理があります。


申請方法と書類は何がありますか?

雇用保険ウェブサイトから申請可能であり、勤労制約書の写し、対象者の賃金台帳の写し、対象者確認のための証明書類、雇用促進支援金の申請書が必要です。 会社で用意可能な書類で、障がい者採用の場合、対象者から直接証明書類をもらって準備してください。

에 발행했습니다
Uncategorized(으)로 분류되었습니다

댓글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다