信用貸付強化銀行券のざわめき

インターネット専門銀行3戦の幕が上がった。金融当局がトスバンクボンインガを承認し、国内のインターネット専門銀行はケイバンク、カカオバンクに続き、トスバンクまで総3ヶ所に増えた。これらジュングムリローン市場で激戦を繰り広げると予想される。

9日、金融委員会は、定例会のでトスバンクの銀行本人家を議決した。去る2月5日ビバパブリカが金融当局にボンインガ申請をしてから4ヶ月ぶりだ。

トスバンクはケイバンクとカカオバンクに続いて三番目に発足するインターネット専門銀行である。最大株主は株式34%を保有しているビバリパブリカであり、ハナ銀行、ハンファ投資証券、イーランドワールドなどがそれぞれ10%ほどの株式を持っている。

早ければ9月から銀行業に進出すると予想される。これと関連しトスの関係者は、「既存のインターネット銀行の場合ボンインガ後、通常3〜4ヶ月ほどの準備期間がかかっただけに、下半期には営業が可能と見ている」と説明した。

トスバンクの発足に3戦となったインターネット専門銀行の激戦地はジュングムリローン市場になると予想される。これに先立ち、金融委はKバンク(32.0%)、カカオバンク(30.0%)、トスバンク(44.0%)から2023年末までの中・低信用者貸出比重目標を提出された。

インターネット専門銀行設立趣旨に合わせて中・低信用者(信用等級4等級以下・信用評価50%)を対象にジュングムリ貸出市場を攻略する方針だ。トスバンクが金融上提出した事業計画書によると、トスバンクは、今年末から中・低信用者ローンの割合を34.9%に設定した。トスバンクは今年末基準で4700億ウォン規模の信用貸付を扱う計画だ。 소액결제현금화 2022年末までには42%で、2023年末までには44%に拡大する方針だ。

中・低信用者の顧客の割合が高い第2金融圏の顧客情報、日差しローンなど中・低信用者特化金融商品の顧客情報を反映して信用評価モデル(CSS)を構築する予定である。金融履歴不足者、自営業者、給与所得者モデルをそれぞれ開発し、グループ内の評価は、各グループの特性に合った評価項目を適用する計画である。また、評価項目のうち、否定的な金融信用情報の評価の割合は縮小して、金融履歴のほか、代替情報を信用評価に積極的に反映する予定である。

既存のインターネット銀行の対抗も本格化している。カカオバンクはこの日から信用スコア(KCB基準)820点以下の顧客が利用できる中信用貸出商品の最大限度を7000万ウォンから1億ウォンに拡大した。下半期には、携帯電話小額決済情報と個人事業者の売上高データの分析結果も信用評価モデルに反映する計画だ。カカオバンクは昨年末1兆4380億ウォンだった中・低信用顧客対象の融資残高を今年末3兆1982億ウォンまで拡大する予定である。年間純増目標は1兆7602億ウォンだ。

ケイバンクも最近1兆2500億ウォン規模の歴代級有償増資とCSS高度化に対応に乗り出した。ケイバンクは、主要株主であるKT、BCカード、ダナルなどが保有している通信、決済情報などを結合して作成された信用評価モデルを今年第4四半期導入し、中・低信用者対象の融資供給拡大に乗り出す計画だ。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다