同じ金融アプローチ

トスバンクの発足にビッグテック3社の競争がさらに激しくなる見通しだ。正面勝負で金融機関の姿を備えたトス、バイパスを介して金融市場を蚕食するネイバーフィナンシャル、そして恐ろしい拡張力で小柄と呼ばれるカカオ間の三国志対決だ。

当初から簡単決済市場を攻略し‘金融スタートアップ’で出発したビバリパブリカは昨年から積極的に事業を拡大し始めた。昨年8月、オンライン上で加盟店とクレジットカード会社・銀行間の取引を連結する電子支払い決済代行サービス(PG)社である‘トスペイモンツ’を設立した。その年の後半には、トス証券を発足させ、4月と5月には、一ヶ月間に有償増資をそれぞれ二回ずつ断行し小柄を育てた。1年早く発足したカカオページ証券の資本金規模を超えた。

トスバンクの誕生はピンテックで始め、3年ぶりにユニコーン企業に登板したビバリパブリカが時間がかかってもライセンスを受けてながら金融機関の姿を備えていることから意味がある。トスが銀行事業を承認するまでには2年かかった。

ホン・ミンテク トスバンク代表はトスバンク事業計画を発表するセミナー席で「初めて銀行事業認可に挑戦したのが2019年5月」とし「その前から準備したので、휴대폰소액결제 2年以上の時間の間に銀行ライセンス獲得のために多くの人々とコラボレーションして会社を設立する過程を経た」と回想した。

一方、トスのように正面勝負ではなく、バイパスを介して金融市場に間接進出しているネイバーフィナンシャルの成長も少なくない。ネイバーフィナンシャルは2月、金融委から‘プラットフォームを通じた少額後払い決済’対象企業に選定され、国内初のプラットフォーム後払い決済事業者になった。ペイメーカーの後払い決済は、電子金融取引法が改正されなければ可能なことだったが、ネイバーファイナンシャルは、金融規制サンドボックス制度を通じて事業を拡大した。

ネイバーフィナンシャルは「指定代理人」の地位を通じた女神と保険業も営んでいる。ネイバースマートストア入店企業の販売実績などをもとに信用度を評価すると、未来アセットキャピタルが最大9.9%のジュングムリローンをしてくれて、昨年7月に法人保険代理店の子会社であるNF保険サービスを設立し、保険業への進出も虎視々狙っている。ネイバーというプラットフォームを通じたサービスの拡散速度が恐ろしいほどだ。

金融委員会はこの日、カカオページのカカオ損害保険(仮称)の保険業営むことを予備許可した。金融委は保険業法上の許可要件の金融監督院の審査結果などをもとに、カカオ損害保険が資本金の要件、事業計画の妥当性、健全経営要件などをすべて満たしていると判断した。簡単決済、銀行、証券を越えて保険まで金融業を網羅した陣容を備えたわけだ。

これらの金融サービス会社の企業価値は、伝統的な金融会社を脅かす可能性があります。投資業界は、トスの企業価値を7兆ウォンと見なしています。上場前の企業価値が1兆ウォンを超える会社を指す‘ユニコン’という表現には足りない。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다